キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保ローンの登録免許税 : 不動産担保ローンサポートマニュアル

不動産担保ローンの登録免許税

不動産担保ローンサポートマニュアル

住宅などの不動産担保とする場合抵当権を設定して、登記が必要となるので登録免許税に関する手数料はどうしても必要

新着おすすめ記事

不動産担保ローンの登録免許税

不動産担保ローンや不動産担保融資というのは、有担保型の借金です。

キャッシングローンなどの無担保型の借金と大きく違う点は、担保があるかないかということと、融資を受けるために審査が厳しいということ、登録免許税などの諸経費が借入の際に掛かるということです。

例えば、無担保のものも手数料は掛かっていますが、見かけじょう手数料はお金を借りるときに意識をすることはありません。

無担保型の手数料は借入金利の中に全て含まれているので意識をする必要はありませんが、しかし、無担保のものと違って有担保の不動産担保ローンは土地の売買による所有権の移転登記などが必要となり、その際に登記費用等の登録免許税が必要となるのです。

住宅などの不動産を担保として抵当権を設定して、登記が必要となるのでこういった登録免許税に関する手数料はどうしても必要となります。

Copyright 不動産担保ローンサポートマニュアル. All Rights Reserved.